高血圧を改善する血液サラサラ成分DHA&EPA

血圧を下げる食べ物で今メディアで盛んに取り上げられている食材といえば青魚に含まれているDHA・EPA

 

DHA・EPAは魚の油に含まれており不飽和脂肪酸と呼ばれその血液サラサラ効果に注目が集まっています。

 

油というとカラダに悪いというイメージがありますが、私たちの体には欠かせない大事な栄養素で、女性の美容にも欠かせない物質なのです。

 

いくらダイエットをして痩せたとしても良質な油が不足素してしまうとお肌が乾燥して肌荒れシミ、シワなどが目立つようになりせっかく痩せたのに綺麗になれないという悲しい事になってしまいます。

 

魚の油は動物性の肉の脂と違って常温でも固まりにくいので血液のドロドロを改善する効果があります。

 

血液をサラサラにして血圧を下げる魚油サプリ

 

 

最近、血圧の数値が気になる

 

血圧高めでお悩みの方は血液が食生活の偏りなどでドロドロになっている可能性が高いので動脈硬化が進んでいる場合もあります。

 

動脈硬化は自覚症状がないので気づかないうちに悪化してしまう事も多いのです。

 

動脈硬化をそのまま放置しておくと高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の原因にもなるので健康診断の血液検査の数値が悪かったら食事を気を付けて改善の努力をなるべくはやく始めていく必要があるのです。

 

血圧が高いということは血液の循環が悪くなっていて毛細血管などに赤血球や血栓などが詰まるなどして流れにくい状態になっているので心臓が血液を流そう流そうと一生懸命に頑張っている状態です

 

なので血圧を下げるには血管を綺麗にして血液がサラサラと流れやすい状態に改善してやる必要があります。

 

その血液をサラサラにする食べ物として数多くの雑誌やメディアに取り上げられている成分が魚の脂に含まれてる栄養素であるDHA・EPAなのです。

 

具体的な効果としては血液中のコレステロールを減らし血管壁にこびりついた汚れを綺麗に掃除して血中成分を正常な状態へと戻してくれる作用があります。

 

またDHAとEPAは高脂血症や動脈硬化、糖尿病などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあり体の代謝を上げてエネルギーの燃焼を促すことで脂肪が肝臓や細胞などに蓄積されるのを防いでくれます。

 

中性脂肪の値が減れば内臓脂肪を減らすことが出来るのでメタボ体型の方は魚を積極的に摂るようにオススメします。

 



 

 

血圧を下げるには普段の食事にプラスして一工夫

 

私も血圧が高めで健康診断でもコレステロールや中性脂肪の数値が高く、これは食事療法にプラスして何か健康に良いモノを始めないといけないなと悩んでいました。

 

普段、運動する習慣がほとんどないので、体脂肪を燃焼させるために朝のウォーキングを始めてみたのですがはずかしながら一週間で挫折してしまいました^^;

 

あらためて運動のために時間をとるという事が私にとってはけっこうハードルが高かったので普段の生活の中でなるべく運動になるような行動を摂り入れてみることにしました。

 

会社に行くまでの通勤を今までは車だったのですがそれを自転車通勤に変えてみたり、エレベーターを使う事が当たり前になっていたのですがなるべく階段を使うようにしました。

 

またお酒を飲むとついつい脂っこいモノが食べたくなり我慢ができなかったのですが、枝豆などのヘルシーなおつまみをなるべく食べるように意識しました。

 

またわたしは魚嫌いなので普段はあまり魚を食べないのですが、血圧を下げるには肉中心の食生活をあらためる必要があります。

 

色々調べていくうちに魚に含まれるDHA・EPAは血圧を下げる効果が医療現場でも注目されていてDHAは魚肉ソーセージなど様々な商品にも配合されて機能性表示食品として色んなメーカーから発売されているということが分かりました。

 

ただ毎日魚を食べるのは現実的には難しいなとうい思いもありました。

 

厚生労働省が推奨するDHA・EPAの1日の摂取量は1000mgで、この量を毎日摂取しようと思ったらかなりの量の魚を食べる必要があることが分かりました。

 

イワシだと2尾、アジやサンマだと1尾を毎日食べる必要があります。

 

魚嫌いの私にとってこの量を毎日食べるのはけっこうキツイです。

 

 

DHA・EPAの1日の摂取目安を魚に換算すると

 

DHA・EPAが比較的豊富に含まれているマグロやカツオでも刺身にして5人前分を食べないと1日の摂取量をまかなうことができません。

 

でもマグロやカツオは刺身の値段が高いので毎日それだけの量を摂取するのは経済的にもけっこうな負担になります。

 

なのでもっとこの血圧を下げる効果のあるDHA・EPAを手軽に摂取できる方法はないかなとネットで調べてみると魚油のサプリメントなる商品があることが分かりました。

 

サントリーや大手製薬会社など色々なメーカーからDHA・EPAが配合された魚油サプリが発売されていました。

 

そのなかでもわたしがいいなと思ったのがさくらの森という会社から発売されていた“きなり”という魚油サプリメントです。

 

血液をサラサラにして血圧を下げる効果のあるDHA・EPAが高濃度に配合されていてクリルオイルという成分のおかげでカラダに効率的に吸収することができるというところに惹かれました。

 

もともとDHA・EPAは水に溶けにくい性質があるため通常の魚から摂取した場合は30%程度しかDHA・EPAが体内には吸収されません。

 

ですが“きなり”に配合されているDHA・EPAはリン脂質と結合しているため、そのリン脂質が乳化剤としての役割を果たすことでDHA・EPAが効率的に体内に吸収されるというメリットがあります。

 

この“きなり”の魚油サプリを飲むようになってからカラダの調子も良くて血圧などの数値も改善されてきているので、これからも続けていきたいと思います。